ハッシュタグでつながる♡
クリスマスハートの輪

「@andersennet」をつけて
#アンデルセンユーレヤータ
#アンデルセンハート

ユーレヤータのイメージ

アンデルセンの商品と、ハートのモチーフが写っているものを、ぜひInstagramへご投稿ください。メンション「@andersennet」と、ハッシュタグ「#アンデルセンユーレヤータ」または「#アンデルセンハート」をつけて、みなさまがクリスマスを楽しまれている様子を共有してくださいね。 映っているのはハートのモチーフならユーレヤータじゃなくてもOK。今年のクリスマスは「ハート」で心あたたかくつながりますように。

※一部の方にインスタグラムのダイレクトメッセージを通して、アンデルセンネットへのサイト掲載のお声がけをさせていただくことがございます。

デンマークのクリスマス飾り
ユーレヤータ
Julehjerter


ユーレヤータのイメージ ユーレヤータのイメージ
デンマークの冬をご存じでしょうか?
日の出は9時頃、16時にはもう太陽は沈んでしまいます。
昼間でも薄暗い日が多く、0度近い寒さになることも。
そんな暗くて長い夜に、デンマークの人々はおうちの中でいろいろな楽しみ方を見つけます。
たとえば、あたたかな明かりの下で、お茶を飲みながらお喋りをしたり、読書をしたり、編み物をしたり…ゆったりと、ヒュッゲな時間を過ごします。
そして、冬の最大のお楽しみ、クリスマスの準備にとりかかるのです。
ユーレヤータのイメージ
デンマークでは、クリスマスの時期になるとハートのモチーフが街中に溢れます。
中でも「ユーレヤータ」は、「クリスマスのハート」という意味の伝統的なクリスマス飾りです。
2色の紙を交互に編んでつくる、日本の折り紙飾りのようなもので、1860年代にデンマークの童話作家H.C.アンデルセンが生み出したといわれています。
ハートがあると、あたたかな気持ちが伝わってきて、とても素敵ですよね。
ユーレヤータのイメージ
この1年、会いたい人になかなか会えなかったり、思うように動けない時期もありましたが、2021年の皆様のクリスマスが、心温まるヒュッゲなクリスマスになりますように。
そんな想いを込めて、ユーレヤータをご自宅でもつくれる型紙をご用意しました。
内側がポケットになるので、小さなお菓子を入れてツリーに飾ったり、プレゼントに添えたり・・。
ぜひクリスマスまでの期間、ユーレヤータをつくって、たくさんのハートを贈ったり飾ったり、楽しんでくださいね。
※ヒュッゲ(HYGGE)とは
デンマーク語で「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気」を意味します。
ユーレヤータの作り方・
型紙PDFダウンロードはこちらから
  • パンダのパン屋さんクッキー
  • 送料込
  • パーソナルクッキー(名入れ・メッセージクッキー)