JOUON
第40回アンデルセンのメルヘン大賞受賞作品を収録しました。

【最新刊】第40集 アンデルセンのメルヘン文庫

1,100円 (税込)
最短発送日:12月12日
お届け日は、最短発送日の1~2日後より指定できます。
※お届け不可日:01/02、01/03、01/04、01/05
在庫:○
数量:



第40回アンデルセンのメルヘン大賞受賞作品を収録しました。

【一般部門】
大賞
「しあわせの赤いセーター」 作: しらたま 選考・作画: 水口 理恵子
赤いセーターはジミーのお気に入りになり、幸せな毎日を過ごす。そして、弟のティミーにセーターが引き継がれる。色あせたセーターはバザーに出され、女の子サリーの元に。やがて古くなったセーターは、帽子や手袋などに編みなおされる。月日が流れ、再び小さな赤いセーターに編みなおされてツリーの飾りになり、思いがけずジミーと再会する。

優秀賞
「花と黒猫」 作: 行橋 六葉 選考・作画: 小池 アミイゴ
黒猫の散歩コースにある白いマンションの出窓。黒猫は出窓に置かれた、一輪のオレンジ色の美しい花に気づく。花は黒猫に「みんな先に楽園へ行ってしまった」と話す。翌日も黒猫は花の話し相手になる。日ごとに、花は少しずつ花びらを落として姿を変え「時は残酷」とつぶやく。翌日、黒猫が出窓をのぞくと、何枚かの花びらだけが残っていた。

優秀賞
「おもいだしや」 作: 梶山 祥代 選考・作画: 伊藤 彰剛
高校生のマリモの前に、突然現れた店は“おもいだしや”。開店を知らせた象は「記憶に関する悩みを解決する店」だと言う。マリモはタイムカプセルから出てきた布のことが、思い出せないでいた。象が調合した“特製お出汁”を飲むと思い出す仕組みだが……。ようやくマリモは、幼稚園の頃におばあちゃんと交わした、秘密の約束を思い出す。

優秀賞
「ただいま」 作: 高田橋 昭一 選考・作画: 卯月 みゆき
夏の朝、目覚めたおばあさんは、カレンダーについている赤丸に気づく。「出発日、夜明けのバス」と書いてある。大切な日の印なのに何も思い出せない。おばあさんは愛犬のおこげを連れて出かけることに。バス停にはいろんな人が並び、みんなバスに乗り込む。バスを降りたおばあさんは、見慣れぬ街をさまよい歩く。やがて、一軒の家にたどり着く。


【こども部門】
大賞
「マヤばあさんの花言葉タルト」 作: 西田 都和 選考・作画: わたなべ さとこ
リスのマヤばあさんは森の中で、タルト屋を開いている。花と花言葉を添えてくれるタルトには不思議な力が。子ネコのミィナが、都会で働き始める姉に贈るタルトを注文する。マヤばあさんはオレンジのタルトに、花言葉が“門出”のスイートピーを添える。マヤばあさんは、パーティを開いてお客さんみんなに、タルトをふるまうことを思いつく。

 

 

【アンデルセンのメルヘン大賞】

アンデルセングループ創業35周年に創設した童話大賞。デンマークの童話作家H.C.アンデルセンが童話を通じて夢と希望を与えたように、アンデルセングループも童話創作の場と機会を提供することで、お客様の生活に潤いを感じていただきたいと願い始めました。
選考委員長は、第1回より童話作家の立原えりかさん、選考委員は画風の異なる5名の絵本画家・イラストレーターが務めます。選考委員長が選考した作品の中から、選考委員は自分が絵をつけたいと思う作品を選び、挿絵を作画します。そして選ばれた物語はその挿絵と一体となり、「アンデルセンのメルヘン文庫」に収録されます。

 

~あなたの物語が1冊の絵本になります~

 

 


 

 

【アンデルセンネットで取り扱いのない集の購入について】


●ベーカリー「アンデルセン」店舗での購入

店舗に希望集と冊数をお申し出ください。
お申し込みからお渡しまで約2週間かかります。
店舗詳細はこちら

 

●アンデルセンのメルヘン大賞事務局での購入

下記事務局までお申し込みください。郵送(代金引換)にてお届けします。
〒730-0045広島市中区鶴見町2-19ルーテル平和大通りビル
e-mail:meruhen@angp.jp
TEL:082-240-1003(平日10:00~17:00)
※文庫代以外に送料+代引手数料をご負担いただきます。


※販売終了集
第1集、第2集、第3集、第4集、第9集、第10集、第12集、第19集、第20集、第23集、第27集、第29集、第32集、第34集、第36集

 

 

お届け温度帯
常温のみ
賞味期限
-
保存方法
直射日光、高温多湿を避けて保存
サイズ
-
のし
×
メッセージカード
全包装
×
グリーン包装
×
  • パンダのパン屋さんクッキー
  • 送料込
  • パーソナルクッキー(おなまえクッキー)